UA-112791316-1

2018年01月20日

パーソナルカラー診断にいってきました

こんにちは。
もりてんこです。

今日は、挙式・披露宴で着るドレスやメイクの色選びの参考になればと
式場提携サロンにてパーソナルカラー診断なるものを受けてまいりました。

よく雑誌などにも載っていて、最近は専用の本なんかも出ていますよね!
肌の色や瞳の色から、似合う色属性を4パターンにわける、アレです。

あれを、担当の方と一緒にしっかりとやっていただきました。

まずは、自然光の良く当たる椅子に移動し、
自分の本来の肌の色身を見ながら
そこで、ひととおり、結果となるカラー属性
春夏秋冬の4パターン分説明をざっと受けました。

そして、その次に、なにやら担当の方が
大きな鏡の前で似たような色が4枚重なった布を取り出し、、、

私の顎下くらいに当てて、
夏→秋→春→冬 の順にめくっていきながら
代表的な色を顔色の変化がわかる形で見せて下さいました。

合わない色はぱっと見でわかりますね!
肌が必要以上に黄みがかって見えたり
顔より色の方にばかり目が行ったりしてしまいます。

逆に、いちばん合うお色が何かを判別するのが難しいのですが、
クールに見えるか、柔らかく見えるか という
見せ方の違いで使い分けていいものだそうです。

ちなみに、担当者の方は、布を当てる前から
私の肌の色と瞳の色から、どの属性かは一発で決まっていたそうです^^;

私は春タイプでした!日本人に一番多いタイプだそうです。
ちなみに夏タイプはパステルが似合う方、透明感のある方ということで、芸能人だと広末良子さん、
秋タイプは、褐色肌の方が似合うと言うことで、安室奈美恵さんや長谷川潤さんが似合うらしいです
冬は、色がビビットからーなのでそれに負けない目鼻立ちの方、柴崎コウさんや黒木メイサさんがあてはまるとのことでした。

これをもとに、カラードレスの色味や、メイクの色を決めていきたいなと思っています。
普段の服選びにも有効な情報がたくさんだったので為になりました!

もう少し、この自分に合ったパーソナルカラーを意識して
メイクグッズを買い替えたり、服を見たりするようにしていきたいなと思います

以上、レポでした☆


【関連する記事】
posted by もり てんこ at 03:33| Comment(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

双極性障害ⅱ型?

メンタルクリニックに通院して
もうすぐ丸三年になりますが…

ずっと
「うつ」
「適応障害」
「自律神経失調」
などと診断されていました。

が、最近、いろいろな精神疾患のコラムを見るうちに
「双極性ⅱ型」が自分に近いのでは?
と、思うようになりました

お医者さんに話したところ、
典型的ではないものの
その可能性もなきにしもあらず…ということで
気分安定剤を追加で処方されました。


自分で双極性ⅱ型かな?と思った理由としては

季節で体調に波が出る
急に大きくお金を使ってしまう
突然複数の習い事などに手を出してしまう
(でも途中でエネルギーが切れて続かない)
ストレス過食の波がある
急に仕事ができるような気になって一気に求人へ応募してしまう

など。。

ですが、先生の説明によると
双極性障害の躁状態とうつ状態の波は
季節くらいのペースで変わるそうで。

私の場合、日ごと週ごとで波があることは明らかですが
大きい波をあまりちゃんと把握できておらず。
主人が言うには、
体調や活動量の波は季節によって
変わっているようなのですが、
もうちょっとちゃんと見る必要がありそうです。

双極性障害の管理やチェックには
ライフチャートが有効なようなので
実践してみる予定です。

posted by もり てんこ at 14:06| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院について

いくつかの病院を経験しました。
お医者さんの方針や人柄によって
精神科・心療内科にも
様々なタイプがあると思ったので
記録したいと思います。

最後に、私なりの病院選びのポイントもまとめてみました。


●大手(チェーン?)クリニック(1院目)

良い点
*即日でも予約できた
*予約が取りやすい
*いろんな場所にある
*アクセスが良い
*待ち時間は短め

イマイチな点
*診断書など各種書類の代金が高め
*必要の薄いオプション(ダイエット指導など)をすすめられる
*薬の説明は、こちらが求めないとしてくれない
*再診は時間制限あり。質問などしても、時間で打ち切られる

その他
*休職診断の基準が甘い気がする


●個人クリニック(2院目)
良い点
*毎回親身に話を聞いてくれる
*薬や治療の方針を説明してくれる
*今後の人生プランについても話してくれる
*生活習慣へのアドバイスもくれる
*院内でカウンセリングも受けられる
*受付の方も親切だった

イマイチな点
*先生自身のこだわりは強め?
*診察でかなり長く話してくれる分、後ろの順番の患者さんをすごく待たせてしまっていた

●個人クリニック(3院目)
良い点
*会社の人と接するときなど困った状況での姿勢などについてアドバイスをくれる

イマイチな点
*薬の副作用を訴えても真剣に捉えられず、変えてもらえなかった


●個人クリニック(4院目)
良い点
*抑うつへの薬はすぐ効いた
*院内でカウンセリングあり
*カウンセリングが安い

イマイチな点
*先生が話を聞くのではなく、相談員というポジションの人がまず話を聞いてから、その内容を先生に伝え、それをもとに薬を処方するスタイル
*相談員にあたりはずれがあり、話したことがほとんど伝わっていないこともしばしば(ほとんどメモを取ってくれない人もいる)
*薬の処方以外のアドバイス等は一切なし
*診察は1分程度
*カウンセリングは安いが、生い立ちを聞くところだけで二ヶ月程かかり、実際のカウンセリングに入るまで時間がかかる
(*個人的には、家から少し遠い)

1、4院目はかなり利益主義な感じがしました。
ネットでいろんな精神科の口コミを見ても、いかに数をさばくかという点に特化したシステムのクリニックがよくあるようです。
一方で、私の行った親身な先生は、診察が延びがちで待ち時間も変動しやすいと思います。

とはいえ、親身な先生に越したことはないと思います!

以上をふまえて、私が考える病院選びのポイントは以下です

◎病気や症状がどのような状態なのか説明してくれる
◎治療方針を説明してくれる
◎薬の説明をしてくれる
◎毎回、体調や経過を聞いてくれる
◎それに合わせてコメントをくれる(薬の継続や追加だけで済ませない)
◎質問に答えてくれる
◎服薬以外のアドバイスをくれる
◎ホームページ上の治療方針と実際の診察の印象が近い


その他、気にすべきこと
◎通いやすい立地
 通うことが負担になって足が遠のいたら意味がないので…
◎予約がとりやすい
 予約でいっぱいなのは良い病院だからかもしれませんが、予約を待つ間に深刻な状況にならないよう、待てる期間を設定しておきましょう。一刻も早く診察を受けるべき状況ではまず予約がとりやすいところで診察を受け、そのあとで自分にあったところに転院という手もあります
◎受付の人が親切
 受付の人が高圧的だったり不親切だと、メンタルにきます。あとは、自立支援医療の申請や診断書作成など事務手続きも発生するので、そういったことをしっかりこなしてくれ、説明もちゃんとしてくれる受付さんだと安心感があります。

以上、私の考える病院選びのポイントでした。
実際に通ってみないとわからない点も多いですが…

こんなことを意識しつつ、
自分にあった病院探しをすることが、
回復への近道だと思います。
posted by もり てんこ at 12:36| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。