UA-112791316-1

2018年01月30日

区の精神保健相談に行ってきました②

こんにちは。
もりてんこです。

前回、区の精神保健相談の事前面談に行ってきたことについて記事にしましたが、

今回は、実際に区と提携の大学病院から来ている精神科の先生との相談をしてきましたので
そのことについて書きたいと思います。

大学病院はS区内ではないのですが、割と近めのところでした。

今回の保健相談では、心配してくれた夫が午後休をとって同伴してくれました。
こんな夫、なかなかいないです。夫自身、私のヒステリーに困憊していたのもあると思いますが、
それを差し引いてもこんなことはなかなかないと思うので、本当に感謝。


さて、当日は、約束の時間に保健センターへ行き、
前回面談していただいた担当の保健師さんにご挨拶。
相談用の部屋に通され、時間通りに相談が始まりました。

担当のお医者さんは、第一印象では若い!!と思いましたが、
話が始まると、事前のヒアリング内容はしっかり把握していてくれて、質問も端的かつ話しやすく、すぐに信頼感が生まれました。

事前のヒアリングで話していた質問事項に加え、
これから就職や仕事をどうしていくかということ、
日常の過ごし方、ものの考え方など
かなり事細かにアドバイスしてくれました。

話しているうちに、
自分がパニック発作を起こしやすい傾向についても自分で気づくことができましたし、
自分がとっている行動の半分は、行動の中身が目的なのではなく、それをすることによって不安をかき消そうとしているのだということにも気づけました。
不安は不安を生むので、
そうした行動は取らないように意識付けることができました。

仕事をしていないことに関しても、
挙式が終わる6月までは最低でも職探しをしない、と決めることができました。
今まで暇さえあれば求人を見ていましたが、
働きたいのか、働かなきゃという焦りなのか、
仕事をしていない不安から無意識に職探しをしていましたが
焦って応募してもうまく行った試しがなく。
仕事をしていない不安をかき消すために求人検索していたことに気付かされました。

在宅ワークなども色々応募してしまいましたが、
一旦そうしたこともストップしようと思います。

また、うつに関する本も読み漁るのをやめるようアドバイスを受けました。
わからないことは担当医、カウンセラーさんに聞くのがベストということでした。

あとは運動です。散歩など身体を使うことが不眠の解消につながるということでした。


ということで、区の精神保健相談でした。
一回限りの相談でしたが、かなり為になりました。
自分で自分についてよく理解するきっかけにもなったと思います。
悩まれている方にとっては、自治体のこうした保健制度はかなり有効ではないかなと感じた経験でした。


posted by もり てんこ at 14:38| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

区の保健相談を利用してみました①

こんにちは。
もりてんこです。

今回は、地域の保健相談を利用したことについて書こうと思います。

私は東京都内のS区に住んでいます。
各自治体では、保健センターなどで保健相談を利用できることが多いです。
S区でも、精神保健相談、うつ病あんしん相談など
何種類かオープンに利用できるものがありました。

これらは、指定の日時に、大学病院の専門の先生などが区の施設で
無料で相談に乗ってくれるというものです。
原則、一回までしか受けられないようですが、
そこで相談に乗っていただいた内容をもとに、
通院したり、入院したり、カウンセリングを受けたりと
その後の行動に繋げていくことができます。

私の場合、現在通院している病院で大丈夫かな?という迷いもあったため
今回電話してみることにしました。

ホームページに書かれている番号に電話すると、
すんなり担当者の方へ繋いでいただけました。
そこで軽く状況のヒアリングののち、
精神保健相談を利用するかどうかの面談をまず行う案内を受けました。

指定の日時に保健センターへ行くと、電話で対応して下さった担当者の保健士さんがいらっしゃいました。
そこから、個室で約1時間の面談。
内容はおもに、発症から今までの症状、職歴、家族構成、生い立ちなどのヒアリングと
保健相談を受けたら、どんなお話ができるかということ。

面談をふまえて、私は保健相談を受けることにしました。
なので、その場で予約。

面談でヒアリングされた内容は、事前に担当のお医者様にお伝えいただけるようです。

今回、面談を受けた印象としては
ヒアリングもかなりしっかり行っていただけたことで
安心感がありました。
区の無料相談ですが、かなり有効だなと感じました。

相談本番は後日なので、また改めて記事にしようと思います。
posted by もり てんこ at 18:31| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

パーソナルカラー診断にいってきました

こんにちは。
もりてんこです。

今日は、挙式・披露宴で着るドレスやメイクの色選びの参考になればと
式場提携サロンにてパーソナルカラー診断なるものを受けてまいりました。

よく雑誌などにも載っていて、最近は専用の本なんかも出ていますよね!
肌の色や瞳の色から、似合う色属性を4パターンにわける、アレです。

あれを、担当の方と一緒にしっかりとやっていただきました。

まずは、自然光の良く当たる椅子に移動し、
自分の本来の肌の色身を見ながら
そこで、ひととおり、結果となるカラー属性
春夏秋冬の4パターン分説明をざっと受けました。

そして、その次に、なにやら担当の方が
大きな鏡の前で似たような色が4枚重なった布を取り出し、、、

私の顎下くらいに当てて、
夏→秋→春→冬 の順にめくっていきながら
代表的な色を顔色の変化がわかる形で見せて下さいました。

合わない色はぱっと見でわかりますね!
肌が必要以上に黄みがかって見えたり
顔より色の方にばかり目が行ったりしてしまいます。

逆に、いちばん合うお色が何かを判別するのが難しいのですが、
クールに見えるか、柔らかく見えるか という
見せ方の違いで使い分けていいものだそうです。

ちなみに、担当者の方は、布を当てる前から
私の肌の色と瞳の色から、どの属性かは一発で決まっていたそうです^^;

私は春タイプでした!日本人に一番多いタイプだそうです。
ちなみに夏タイプはパステルが似合う方、透明感のある方ということで、芸能人だと広末良子さん、
秋タイプは、褐色肌の方が似合うと言うことで、安室奈美恵さんや長谷川潤さんが似合うらしいです
冬は、色がビビットからーなのでそれに負けない目鼻立ちの方、柴崎コウさんや黒木メイサさんがあてはまるとのことでした。

これをもとに、カラードレスの色味や、メイクの色を決めていきたいなと思っています。
普段の服選びにも有効な情報がたくさんだったので為になりました!

もう少し、この自分に合ったパーソナルカラーを意識して
メイクグッズを買い替えたり、服を見たりするようにしていきたいなと思います

以上、レポでした☆
posted by もり てんこ at 03:33| Comment(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。